物語

アイナギ

アイとナギの物語

 

あいなぎ ロゴ

あらすじ

世の中は争いで溢れてた。

世の中は嘘で溢れていた。

世の中は妬みで溢れていた。

世の中は物で溢れていた。

 

多くの人が自分を信じれなくなっていた。

みずから、命を落とす人たちもいた。

心がズタズタに壊れる人たちもいた。

動物たちの命をボロボロにする人もいた。

植物たちの命をグチャグチャにする人もいた。

人々は、心を忘れてしまった。

命たちの声を聞くことすらも忘れてしまった。

地球さんは、人々が落としていったゴミで汚れて、人々が嘆いた心で空気はくすんでいった。

ずっと前から、地球さんは熱を出してた。

地球さんは「もう嫌だ!!」と叫んだ。

その叫び声は、世界中に広がって、多くの人々が「声」に気づいた。

その叫び声の凄さに、亡くなった人も多くいた。

ただ地球さんは声と一緒に、希望を込めた願いを生んだ。

みんなの心を元に戻してと。

生まれた子の名は、ナギ。

 
 

地球さんの叫び声を聴いた人々の中に、一人の女の子がいた。

その声に、女の子は、涙が溢れて止まらなかった。

ごめんね、ごめんね。

彼女は、心を忘れてなかった。

引っ込み思案だけど、繊細で、純粋な彼女の名は、アイ。

この物語は、アイとナギの物語。

出会いの物語。

 

LANGUAGE