Perrotin Gallery

ペロタンギャラリーのインスタで、ジャン=ミシェル・オトニエルの作品を紹介。金属と鏡面ガラスを組み合わせた彫刻に「美」を味わう。

ペロタン・ギャラリーのインスタグラムにてジャン=ミシェル・オトニエルの作品を紹介しています。

日本語訳を掲載しました。

この投稿をInstagramで見る

Jean-Michel Othoniel's artwork is rooted in abstraction and contemplation, creating forms that are inherently poetic. Mixing polished metal with mirrored glass, Othoniel's knot sculptures demonstrate the perfect balance between their shape, the beads, and the reflections among them. The artist is fascinated by the mathematical combinations of reflections endlessly multiplied. The rotations of the beads create gesture and movement within the glass and aluminum sculptures, through which the artist highlights the intrinsic beauty and variability of his invented knots. Recently, Jean-Michel Othoniel has held solo exhibitions at the Center Cultural Néstor Kirchner in Buenos Aires and at the Château La Coste in France. He also exhibited at the Louvre Museum with a new series of site-specific paintings created for the thirtieth anniversary of the Louvre Pyramid, which subsequently entered the museum’s permanent collection. Jean-Michel Othoniel's work 'Petit noeud de Babel' is included in our @DallasArtFair online viewing room. — #JeanMichelOthoniel #Othoniel #DallasArtFair #Perrotin — Jean-Michel Othoniel, Petit noeud de Babel, 2014. Mirrored glass, stainless steel. 90 x 5 x 55 cm | 35 7/16 x 1 15/16 x 21 5/8 inch. Courtesy of the artist and Perrotin.

Perrotin Gallery(@galerieperrotin)がシェアした投稿 –

日本語訳

ジャン=ミシェル・オトニエルの作品は、

抽象化と思索に根ざしており、本来詩的なフォルムを生み出しています。

磨き上げられた金属と鏡面ガラスを組み合わせたオトニエルの結び目の彫刻は、
その形、ビーズ、そしてそれらの間の反射の完璧なバランスを示しています。

このアーティストは、無限に増殖する反射の数学的な組み合わせに魅了されています。

ビーズの回転は、ガラスとアルミニウムの彫刻の中にジェスチャーと動きを生み出し、

作家はそれを通して、

彼が発明した結び目の本質的な美しさと多様性を浮き彫りにしています。

最近では、ブエノスアイレスのCenter Cultural Néstor KirchnerやフランスのChâteau La Costeで個展を開催。

また、ルーヴル美術館では、

ルーヴル美術館のピラミッドの30周年を記念して制作されたサイトスペシフィックな絵画シリーズを展示し、その後、同美術館のパーマネントコレクションに収蔵されました。

ジャン=ミシェル・オトニエルの作品「Petit noeud de Babel」は、DallasArtFairのオンライン・ビューイング・ルームに展示されています。

 
 

参考URL

 

 

 
 

美の新しい視点を提案

ジャンの作品たちを見ていて、感じるのは、新しい美学の探究。

彼が発明した結び目には、今までにはない物に対して人々が知らなかった「美しさ」を提案しているようにも思う。

アートとは感じ方は自由だが、アーティスト自身には伝えたいメッセージがある。

あなたには、あなたなりの、この作品への「感じ方」があるだろう。

可愛い、美しい。

色々な感じ方がある。

その感じたことが、今後のあなたのセンスにも繋がってくる。

どれだけ多くの美しいとされるものを見たか、で人の美的センスも変わるように、

あなたが何かを磨きたい時、アートを沢山見てみるといい。

沢山見た数だけ、あなたの「感性」を育ててくれる。

LANGUAGE

WRITER
    arthe(アース)
    arthe(アース)
    スタッフ

    artheは、アートや文化に親しむMEDIA/MAGAZINや、アーティスト達の版画やアイテム購入ができるGallery+LAB.を主に運営。企業や個人との企画・協業やクリエイティブ関連のご相談も承っております。

    ウェブサイト >>
    オンラインストア >>