MoMA

MoMAが6/20の世界難民の日に、アーティストYARA SAIDをインタビュー。投稿を日本語訳しました。

MoMAが6/20の世界難民の日に、

ヤーラ・サイード(YARA SAID)をインタビューしています。

彼女は実際に難民としてトルコからギリシャに渡り、今ではアーティストとして活躍しています。

自身が2016年のリオオリンピックで担当した「旗」について振り返った記事になります。

難民は日本でも身近に存在しています。

アーティストがそことどう関わり、表現するかもまたアートの方向性の一つとなります。

MoMAが投稿したヤラ・サイードの旗

インスタグラム原文

この投稿をInstagramで見る

On the 20th anniversary of #WorldRefugeeDay, artist Yara Said reflects on the flag she designed to signal survival, resilience, and agency. #YaraSaid’s design for the Refugee Flag, which was carried by a team of refugee athletes at the 2016 Rio Olympics, draws inspiration from orange life vests and her personal experience of crossing the sea from Turkey to Greece. “The flag is supposed to form a life vest when wrapped around the body, offering the audience a brief moment of association,” she said. We recognize World Refugee Day as an opportunity to raise awareness of the millions of refugees worldwide who are forced into exile because of natural disaster, persecution, conflict and war. Read Arièle Dionne-Krosnick’s interview with Yara Said at the link in our bio.

MoMA The Museum of Modern Art(@themuseumofmodernart)がシェアした投稿 –

日本語訳

20周年を迎えた#WorldRefugeeDay(世界難民の日,6/20)を記念して、

アーティストのYara Said/ ヤーラ・サイードは、

生存、回復力、代理権を示すために

自身がデザインした旗について振り返っています。

2016年のリオオリンピックで難民選手団が背負った#YaraSaidの「難民旗」のデザインは、

オレンジ色の救命胴衣と、

トルコからギリシャまで海を渡った

彼女の個人的な経験からインスピレーションを得ています。

“旗は、体に巻きつけたときにライフベストを形成し、

観客に束の間の連想を提供することになっています。”

と彼女は言います。

私たちは世界難民の日を、

自然災害や迫害、紛争、戦争のために追放を余儀なくされている

世界中の何百万人もの難民への意識を高める機会と認識しています」

と語った。

アリエール・ディオンヌ=クロスニック氏によるヤーラ・サイード氏へのインタビューはこちらをご覧ください。

 

 

ヤーラ・サイードについて

彼女のプロフィールが書かれたウェブサイトに書かれていた略歴を記します。

実際の文章は、ART REPRESENTからピックアップしてます。

略歴

ヤーラの芸術表現に火をつけた最初の火種は、

多くの人にとって転機となった2011年から始まった。

それは、シリアでの戦争が始まったことでした。

彼女の当初の動機は、人間の本質や人々の思考や感情の流れを理解したいというものでした。

しかし、戦争が混沌とした広がりを続ける中で、彼女はこの問題が政治的な対立を超えた、
はるかに複雑な問題であり、「人間の状態」を反映したものであることに気付いた。

人間の能力の暗部を目の当たりにしたことは、

(19歳の少女としての)ヤーラにとって衝撃的だった。

戦争は彼女の目を開き、政治、心理学、社会学、神学についての知識を深め、

シリアのアーティストとしての自分の役割についての理解を深めました。

ヤーラは作品を通して、

時間が人や周囲の素材にどのような影響を与えるかを理解することを目指しています。

2015年、ヤーラはニューヨークを拠点とする団体、

リオ夏季オリンピックの難民オリンピアンを擁護するRefugee Nationから、

彼らの公式旗のデザインを依頼された。

彼女の作品の文脈を見てみると、

Yaraは彼女のアートが

“大学内外での長年の研究を通して得たアイデアを顕在化させ、それを具現化する試みである ”

と振り返っています。

LANGUAGE

WRITER
    arthe(アース)
    arthe(アース)
    スタッフ

    artheは、アートや文化に親しむMEDIA/MAGAZINや、アーティスト達の版画やアイテム購入ができるGallery+LAB.を主に運営。企業や個人との企画・協業やクリエイティブ関連のご相談も承っております。

    ウェブサイト >>
    オンラインストア >>