Musée du Louvre

ルーブル美術館のインスタより、ジャン=バプティスト・ルニョーの作品の投稿を日本語訳しました。

ジャン=バプティスト・ルニョーの1793年ごろ描かれた作品についての投稿を、

ルーブル美術館が投稿しましたので、シェアします^^

ルーブル美術館のインスタグラム

ルーブル美術館の投稿、原文はこちら

この投稿をInstagramで見る

. 🇫🇷 Euphrosine, Thalie et Aglaé vous souhaitent une #BonneSemaine ! – 🎨 Ce tableau, peint par Jean-Baptiste Regnault vers 1793, représente trois divinités de la mythologie grecque antique dites Les Grâces. A l’origine divinités de la nature, elles sont par la suite considérées comme les compagnes d’Aphrodite, ou Vénus, déesse de l’Amour et de la Beauté. – 🍎 Censées représenter la beauté et la créativité humaine, elles tenaient à l’origine des attributs comme les pommes, la myrte ou les roses. Dans ce tableau, la pose est inspirée d’un marbre antique conservé à Sienne à la Libreria Piccolomini du Dôme. – 👀 La nymphe du milieu est vue de dos, celle de gauche est de face, celle de droite est de profil, comme s’il s’agissait d’une seule et même figure. Elles semblent d’ailleurs liées entre elles, se tenant par la taille ou par le cou, dans un enlacement très gracieux. – – – – 🌎 Euphrosyne, Thalia, and Aglaia wish you a #GoodWeek ! – 🎨 This work, painted by Jean-Baptiste Regnault circa 1793, depicts three goddesses from ancient Greek mythology called the Graces. Originally goddesses of nature, they came to be generally considered as companions of Aphrodite (Venus), the goddess of Love and Beauty. – 🍎 They represented beauty, and human creativity, and were depicted naked, originally holding attributes such as apples, roses, and sprigs of myrtle. The poses of the figures in this painting were directly inspired by an ancient marble statue in the Libreria Piccolomini in the Duomo at Siena. – 👀 The nymph in the middle is seen from behind; the one on the left faces the viewer; the one on the right is shown in profile. The result resembles three different views of the same figure. Indeed, the goddesses are linked together in a ring, holding each other by the waist or neck to form a graceful chain. – 📷 © RMN – Grand Palais (Musée du Louvre) / Philippe Fuzeau . . . #Louvre #MuséeDuLouvre

Musée du Louvre(@museelouvre)がシェアした投稿 –

ルーブル美術館の投稿、日本語訳

ユーフロシン、タリエ、アグレが #GoodWeek をお祈りしています!

この絵は1793年頃に

Jean-Baptiste Regnault(ジャン=バプティスト・ルニョー)によって描かれたもので、

古代ギリシャ神話の3つの神々が描かれています。

元々は自然の神で、後にアフロディーテ(愛と美の女神ヴィーナス)の仲間と考えられていました。

人間の美と創造性を表すとされ、

元々はリンゴやマートル、バラのような属性を持っていました。

この絵のポーズは、シエナのドゥオーモにあるピッコロミニ図書館にあるアンティークの大理石をイメージしています。

真ん中のニンフは後ろから見て、

左のニンフは正面から見て、

右のニンフは横顔で、

まるで一つの同じ姿のようです。

腰や首で抱き合って、

とても優雅な抱擁をしているように見えます。

© RMN – グラン・パレ(ルーヴル美術館) / フィリップ・フゾー

LANGUAGE

WRITER
    arthe(アース)
    arthe(アース)
    スタッフ

    artheは、アートや文化に親しむMEDIA/MAGAZINや、アーティスト達の版画やアイテム購入ができるGallery+LAB.を主に運営。企業や個人との企画・協業やクリエイティブ関連のご相談も承っております。

    ウェブサイト >>
    オンラインストア >>