Carmen Herrera

Carmen Herrera(カーメン・エレーラ)の105歳の誕生日を祝って、ARTnewsでの投稿の日本語訳をシェアします。

アート情報を配信している「ARTnews」

にて、カーメン・エレーラの105歳の誕生日を祝って記事が投稿されました。

日本語訳をシェアします。

カーメン・エレーラの誕生日祝いの投稿

▼ARTnewsのインスタグラム原文

▼ARTnewsのインスタグラム/日本語訳

カルメン・ヘレラの105歳の誕生日に、

彼女の先駆的な抽象画と、

キャリアの後半に名声を得るまでの軌跡を振り返ってみましょう。

「私の探求は、絵画的な解決策の中で最もシンプルなものを追求することです」

と彼女はかつて言っていました。

バイオのリンクをタップすると、

エレラがどのようにして今日の最も高い評価を得ているアーティストの一人になったかを読むことができます。

画像:カルメン・エレラ

「Estructura Roja」1966/2012

Credit: ©Carmen Herrera/Courtesy Lisson Gallery

カーメン・エレーラの記事については、こちら

▼原文記事

▼原文の日本語訳

(エレーラの画像)

カーメン・エレーラのなめらかで時に鮮やかな抽象絵画や彫刻は、

2016年にニューヨークのホイットニー美術館で開催された画期的な展覧会や、彼女の生涯を描いた2015年のドキュメンタリー映画がその名声に貢献したことで、近年大きな評価を得ています。

しかし、5月30日に105歳になるエレーラは、必ずしもそれほど広く知られていたわけではありませんでした。

以下のガイドでは、パリでの数年間から、ニューヨークの学校のための最近の壁画プロジェクトまで、エレーラの人生とキャリアの節目を辿ります。

(エレーラの作品画像)

エレーラは若い頃に建築を学んでいました。

ヘレラは1915年にキューバのハバナで生まれ、

1930年代から1940年代にかけて頻繁にフランスを訪れた。

ハバナ大学で1年間建築を学んだ後、

ニューヨークのザ アート スチューデンツ リーグ オブ ニューヨークに入学。

1954年にニューヨークに移住する前は、

1939年に結婚した夫ジェシー・ローウェンタールとパリに住んでいました。

彼女は1949年から1953年までの間、

ヌーヴェルサロン(Salon des Réalités Nouvelles)やパリ市立近代美術館(Musée d’Art Moderne de la Ville de Paris)に叙情的な抽象作品を出品したが、売り上げには結びつかなかった。

エレーラは2015年にARTnewsに、

キューバ人アーティストのアメリア・ペラーエスが彼女の最も初期の影響を受けた一人であると語った。

「私は彼女をとても尊敬していました。

彼女のやっていることが好きだった。

それは私が本当に好きになった最初のアーティストでした。

私は彼女の話を聞いて、質問をしたのですが、その人柄も素晴らしかったです」

と語った。

(エレーラの作品画像)

パリを離れた後、アーティストのスタイルはますますミニマルになっていった。

2016年、エレーラはガーディアン紙と戦後の女性アーティストとしての経験について話し、キャリアの初期にいくつかの障害に直面したことを説明した。

「芸術だけでなく、すべてが男性によってコントロールされていたから」

と。

教師として働いていたローウェンタールとともに、

1950年代半ばにパリからニューヨークに移住し、今日のような作品を制作するようになりました。

絵画と彫刻におけるヘレラの幾何学的な探求は、

しばしばダイナミックな色の組み合わせを特徴とし、バランスと非対称性の概念への探求が彼女の作品の多くの中心となっています。

「私の探求は、絵画的な解決策の中で最もシンプルなものを追求することです」と彼女は作品について語っています。

1960年代には、彫刻シリーズ「Estructuras Monumentales」のためにスケッチを始め、

それは数年後、2019年にニューヨークのシティ・ホール・パークで開催されたパブリック・アート・ファンドによるプレゼンテーションで、立体的な形で実現されました。

©CARMEN HERRERA/COURTESY LISSON GALLERY

エレーラは、その後の数十年間、ニューヨークのギャラリーで展示されました。

1960年代には、ニューヨークのシスネロス・ギャラリーとトラビア・ギャラリーで個展を開催し、1980年代後半にはニューヨークのラストフスキー・ギャラリーで作品を発表した。

1998年には、ニューヨークのエル・ムセオ・デル・バリオで、

1951年から1959年までの白と黒の絵画を中心とした初の大規模な美術館展を開催した。

しかし、エレーラが初めて絵画を販売したのは2004年、89歳になってからのことでした。

(エレーラの作品画像)

エレーラは、2000年代にスターとなる

2009年にイギリス・バーミンガムのイコンギャラリーでヨーロッパ初の個展を開催したエレーラは、

2010年にニューヨーク、ロンドン、上海に拠点を構えるリソンギャラリーに参加。

2015年には、作家の生誕100周年を記念して、映像作家アリソン・クレイマンが監督を務めたドキュメンタリー『The 100 Years Show』が公開されました。

その1年後には、ニューヨークのホイットニー美術館で1948年から1978年までのエレーラの作品展「Lines of Sight」が開催され、高い評価を得ました。

当時、評論家のカレン・ローゼンバーグはニューヨーク・タイムズ紙に

「この展覧会は彼女を、規律と一貫性と明確な目的を持った芸術家として紹介しており、戦後美術史の中で重要な役割を果たしている」

と書いている。

この調査を受けて、エレーラは、非営利団体Publicolorとのプロジェクトの一環として、ブロンクスのM.S.244の学生たちが描く1952年のモノクロームペインティング「無題」をベースにした壁画を制作しました。

(エレーラの作品画像)

2020年、エレーラはイーストハーレムにある屋外作品を制作しました。

エレーラは最近、1987年に描いた「Diagonal」をモチーフにした幅54フィートの壁画「Uno Dos Tres」を制作しました。

作品は、プロジェクトをサポートしたマンハッタン・イーストスクールで展示されています。

最後に、

2015年にARTnewsによって尋ねられた質問の答えを表記します。

「頭の中で考えないといけないんです。絵を描いて考えていくんですが 一度考えてしまえばとても簡単です。」

 
 

以上が、エレーラの生涯を書いた記事の日本語訳です。

(一部、誤字・誤訳もあるかもしれません)

彼女の情報が、現在活動されているアーティストたちへの刺激や勇気になれば幸いです。

LANGUAGE

WRITER
    arthe(アース)
    arthe(アース)
    スタッフ

    artheは、アートや文化に親しむMEDIA/MAGAZINや、アーティスト達の版画やアイテム購入ができるGallery+LAB.を主に運営。企業や個人との企画・協業やクリエイティブ関連のご相談も承っております。

    ウェブサイト >>
    オンラインストア >>